蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

男台湾1人旅 旺角石頭火鍋を行列なしで食すには〜台北の地元民に激しく人気の一人鍋屋さん〜@2018.12 台中・台北 8日目

この記事をシェアする

一人鍋できる超人気店・旺角石頭火鍋さん。

 

こちらのお店は西門駅と北門駅の中間くらいにあります。

事前の情報で、とにかく混雑していて予約なしでは入れない〜くらいのことを

聞いてました。

とは言っても3時くらいに行けば空いてるっしょということで

向かったわけですが、

本当に空いてました!

客の入りは半分ちょっとくらいかな。

席は全てカウンターで、

1人1台のコンロがあり、1人鍋できます。

銭都日式涮涮鍋はファミリー席とかテーブル席が多かったですが、

こちらは完全に一人鍋専門だ!

 

すでに前々日に銭都日式涮涮鍋で一人鍋を経験してしまっている私。

怖いものはありません。

余裕で突撃です。

きっとシステムも同じようなもんでしょう!

 

店内に入ります。

席は結構空いてますが詰めて案内されます。

これには理由がありました。

この店、石頭火鍋と店名にありますが、

それでピンときた人はさすが。

そうです、店員さんが先にお肉を炒めてくれるタイプです。

だから席を詰めて案内されたのね。

一鍋一鍋炒めるから。

  

座ります。

メニューはランチョンマット的に敷かれてるのでそれを見ます。

店員こないので、近かったから沙茶醬(サテソース )等を

先に取って来ちゃいます。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190207162713j:plain

ちょっと左側切れちゃってるのですが、

一番上の豚肉の鍋が一番安いです。

そして私は前日に豚肉のお鍋食べたので、

今回は牛肉にしました!

250元

本当は豚肉が好きなのですが。

 

ちょっとしたら下記が出て来ます。

f:id:kuramae-taiwan:20190207163356j:plain

野菜、練り物、オムレツ?などなど。

 

そして店員さんがお肉を持ってやって来ました。

炒めスタート!

ここはお肉と玉ねぎを炒めるようです。

f:id:kuramae-taiwan:20190207163519j:plain

炒めるのはバイト君ですね。

松江自助火鍋城のようにおばちゃんが炒めてくれたほうが安心感はあります。

肉はサッと火を入れたら取り出されます。

そしてスープと野菜を入れてくれます。

私は練り物とかも一緒に入れちゃいました。

ご飯もきて、準備完了。

f:id:kuramae-taiwan:20190207164036j:plain

お肉はちびちび入れながら食べます。

 

沙茶醬がヌメヌメ光ってます。

たまらん。

f:id:kuramae-taiwan:20190207164646j:plain

その沙茶醬に牛肉を!

つける!

たまらん!たまらん!

f:id:kuramae-taiwan:20190207164833j:plain

いや〜、沙茶醬に牛肉めっちゃ合うな〜。

次回から牛肉をデフォルトにしよう!

 

ボリュームは銭都日式涮涮鍋の方があるな。

とは言ってもお腹は一杯になります。

でも味はこちらが上かな。

やっぱり石頭鍋で炒めてくれるところがポイント。

そして沙茶醬もこちらの方がうまい!

 

やっぱり一人鍋いいですね〜。

1000円弱でここまで食べれるって最高でしょ。

品数多いし。

また台北来たらぜったい行こうっと!

1人でも2人でも。

友達同士で来ている人もたくさんいます。

 

お腹も心も満たされてお店を出ます。

今回の台中・台北旅、これが最後の食事となりました。

最後がここで良かった!

また来たいっていう気持ちで帰れます!

 

台北駅に戻り、コインロッカーに預けてたスーツケースを取って、

台北松山空港へ向かいます。

 

今回初めての台湾1人旅でしたが、

1人でもとても楽しめました。

もちろん複数で来た方が食事などはいいかもしれませんが、

気ままに、まったりと動くことができた。

あとは自分の行きたいところだけ行くという自由さも、

悪くなかったです。

また2019年中にいけたらいいな、台湾へ!