蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

蔵前 きじ丼で有名な埼玉屋の特上ミックス重弁当を食べる!

この記事をシェアする

仕事の取引先さんとの「どこに住んでいるの?」的なトークで、

蔵前って言った時、

1回だけ横浜の人が、「きじ丼のお店があるところですね」。

と言われたことがあります。

 

1回だけど、確実に都外に轟いている?お店。

埼玉屋さんです。

f:id:kuramae-taiwan:20190511232205j:plain

最初に書きましたが、きじ丼、つまり、きじ焼きが美味しいお店です。

始めて食べてから、もう6年以上経ちますが、

今でもたまに食べたくなるし、

客人が来た時なんかにもここでお弁当を買うと、めちゃ評判が良いです。

 

メニューはこちら。

じっくりみてみるとカツ丼とかもあるんだ〜。

なんせ、きじ焼きしか食ったことないから。

f:id:kuramae-taiwan:20190517220057j:plain

このメニュー、6年くらい前にもらったものだから、

商品によっては値段は違うかもです。

 

基本は電話で注文して、

できる頃に取りに行く感じですが、

たまに、行ってから注文して、すぐに焼いてもらうってパターンも。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190518002338j:plain

このように店頭で焼きます。
香りもたまりません。

 

私はいつも特上ミックス重。

肉が特上なのと、

ミックスが、鳥とレバーの2種類入っているということです。

特上とただのミックス重は食べ比べましたが、

ぜんぜん違ったので、

毎回特上!

 

はい、では食べましょう。

いい感じの包み紙。

f:id:kuramae-taiwan:20190517220425j:plain

 

開けてみれば、いい感じいい感じ。

f:id:kuramae-taiwan:20190517221212j:plain
ちなみにきじ焼きって?私も最初は思いましたよ。

あの雉(きじ)ですか?と。

でも雉(きじ)じゃ無いんですよね。

昔、雉(きじ)は美味しくてしかも高級品で、

この雉(きじ)焼きを模したのがきじ焼き。

しょうゆ、みりん、酒などで作ったつけ汁に漬けて焼いたものを

「きじ焼き」と呼んだそうです。

 

そして先ほども書きましたが、

この特上ミックス重のきじ焼きの内容は、

鳥(部位はどこかな?)と鳥レバー。

f:id:kuramae-taiwan:20190517221329j:plain

あんま写真うまくいかなかったな。

もっと香ばしい感じです。本当は。

f:id:kuramae-taiwan:20190517221432j:plain

鳥と、

f:id:kuramae-taiwan:20190517221409j:plain

レバー。

 

角度を変えて、

f:id:kuramae-taiwan:20190517221558j:plain

鳥と、

f:id:kuramae-taiwan:20190517221621j:plain

レバー。

 

七味がまた合う!

どちらのお肉も厚みがあって、歯ごたえありつつ柔らかで美味い!

また、タレが美味い。甘辛くてコメが進みまくる味!

f:id:kuramae-taiwan:20190517221512j:plain

ご飯には海苔。

タレと相まってめちゃ美味いです。

 

今回もやっぱり美味かった〜。

ボリュームも結構あって、

食いしん坊の私でもお腹いっぱいになります。

 

埼玉屋

住所:東京都台東区浅草橋3丁目15−10

営業時間:11時00分~19時30分 ※木曜定休