蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

台南で泊まるならフルーツショップ「鳳冰果舖」に併設された1日1組限定の民宿「米宿Roomi House」が絶対おすすめ! 

※2019年6月27日 6月に6泊してきたので追記しました。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190627164555j:plain

台南の観光名所として超有名な赤崁楼(チーカンロウ)から徒歩3分、

その昔お米を売るお店が多かったことから、

別名 “米街” とよばれていた路地がある新美街に佇む

オシャレなフルーツパーラー「鳳冰果舖」

その建物の2Fに「鳳冰果舖」のオーナーが経営しているのが民宿「米宿Roomi House」です。

 

1日1組限定のお宿で、オシャレにリノベーションされたこじんまりとした民宿です。

有名スポットにも歩いて行けちゃう立地の良さ、

すぐ近くの赤崁楼からはバスが各方面に出ていて便利。

 

そして宿泊者は割引料金で利用できる1Fのフルーツパーラー。

(2019年6月現在はオーナーが子育てのため週末のみの営業となっています)

台湾フルーツに毎日触れ合える環境はたまりません。

そして何よりオーナー夫妻の人柄がめちゃ素敵!

台南にたっぷり浸れるこちらの民宿、ぜひみなさんも体験してみてください!

 

台南のローカルな商店街に佇む、台湾の旬なフルーツが味わえる民宿


まったりとしたローカルな雰囲気が魅力の台南。赤崁楼から徒歩3分、名物の牛肉湯、

担仔麺などの名店が立ち並ぶ道から入った路地の一角にあるのが、こちらの「米宿

Roomi House」です。

f:id:kuramae-taiwan:20190110001359j:plain

 

米宿 Roomi House - 台南のローカルな商店街に佇む、台湾の旬なフルーツが味わえる民宿

外観、店内ともオシャレに振りすぎず肩肘張らないナチュラルな質感がほっこり。

1階部分はフルーツパーラーとしてオープンしているため、老若男女、地元台南の人た

ちの憩いの場にもなっています。

 

1Fはフルーツパーラー。台湾の旬なフルーツが味わえる


正面ドアを入るとフルーツパーラー。20席程度のこじんまりとした店内は、静かでまっ

たりとした空間です。こちらはオーナーの奥さんが切り盛りしており、宿泊者はこちら

でチェックイン手続きをします。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190110113124j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190107125604j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20181231025258j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190110120225j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190627171420j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190627171424j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190627171429j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190627171432j:plain

 

台湾の旬なフルーツが並び、カットフルーツはもちろん、フルーツジュース、スムージー、かき氷をいつでも味わうことができます。しかも宿泊者割引で。

f:id:kuramae-taiwan:20190110114051j:plain

私たちが行ったのは9月の終わりだったので

愛文マンゴーの季節は終了。

生の愛文マンゴーは味わえなかったけど、

愛文マンゴーをそのまんま使ったスムージーをいただきました!

めちゃ甘い! 愛文マンゴーの味は唯一無二!

f:id:kuramae-taiwan:20190107125607j:plain

カットフルーツ盛り合わせ。パイナップル、ドラゴンフルーツ、マスカット、ぶどう、

キウイ、文旦と盛りだくさん! 

日本でこのくらいの盛り合わせ食べたらいくらするか…って

すぐお金の話になっちゃいますが。

特に文旦が一番いい時期だったのですが、文旦のうまさに目覚めちゃいました。

f:id:kuramae-taiwan:20190110114717j:plain

スムージー2種。

ドリンクは持ち帰りにもできますので、

ドリンク片手に街へ繰り出せるのもいいです!

f:id:kuramae-taiwan:20190110115056j:plain

 

※追記

今回2回目の宿泊のウエルカムフルーツはコチラ。

f:id:kuramae-taiwan:20190627171046j:plain

1回目は9月だったので文旦でした!これもうまかった。

 

そして今回は6月。マンゴーシーズンですので!

f:id:kuramae-taiwan:20190627171130j:plain

台南着いた途端にマンゴーまみれ!

初日にマンゴー欲が満たされてしまい、

この後、ほとんどマンゴー食べなかった。

めちゃ甘くて美味しかったなー。

 

ちなみに常時、ウエルカムフルーツがあるのかは不明。

私たちは2回の宿泊とも6泊という長さだったからフルーツが出たってのもあるかもね。

これはわかりません。

 

2Fがお部屋。やさしくリノベされた快適空間


1Fと同じように木材をうまく使ったナチュラルな空間があります。

部屋の面積は 45 m² ほど。

畳のお部屋もあり、ただ寝るだけではぜったいもったいない!

私たちは5泊しましたが、それだけいても物足りない、究極言うと暮らしたくなる、住

みたくなるお宿です。

f:id:kuramae-taiwan:20181231025338j:plain

フルーツパーラーの店内の奥にある扉の先に2Fへの階段があります。

f:id:kuramae-taiwan:20190110222843j:plain

畳の部屋。

畳部分の手前に

畳と同じくらいの面積のスペースがさらにあります。

ここでスーツケースなどを開いたりしました。とにかく広いです。

 

※追記:2019年6月に2度目の宿泊をした時にパシャり。

f:id:kuramae-taiwan:20190628163752j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190627162602j:plain

この写真のヨメのように、

疲れたら畳にゴロリできちゃいます。

扇風機が大同のおしゃれなやつに変わってました!

 

内装おしゃれ。

f:id:kuramae-taiwan:20190627164014j:plain

 

この右にあるコンセントには、

f:id:kuramae-taiwan:20190627164353j:plain

電源を入れると光る。

かわいい。

f:id:kuramae-taiwan:20190627164404j:plain

 

ベッドルーム。

ベットはキングサイズで硬さもちょうど良い!

f:id:kuramae-taiwan:20190628163903j:plain



そして、

f:id:kuramae-taiwan:20190628163939j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190110120222j:plain

ベッドルームにはロフトがあります。このお部屋は4人まで宿泊できたはず。

(※2019年6月現在、今は2人のみの宿泊受付っぽいです。要確認。)

 

ベッドルームもおしゃれな内装。

f:id:kuramae-taiwan:20190627162944j:plain

 

 

f:id:kuramae-taiwan:20190627163058j:plain

水回りは、広い1室にシャワーとトイレが併設され、バスタブはありません。

また、アメニティは最小限。

Booking.comではシャワーの水でトイレ側もびちょびちょと

口コミが書いてありますが、

シャワーも全て、サンダル履きで入るので、全く気にならないですよ。

見た目も写真ではわからないかもしれませんが、

とても清潔です。

とにかく本当はできる限りキレイなホテルに泊まりたい私が大丈夫なので、

心配は要りません。

 

タオルチェンジ、ゴミの回収などは、

部屋のドアの椅子の上に置いておくと、

日中に回収され、新しいものが置いてあるというスタイルです。

 

あと、民宿ですので、夜間〜朝は建物内は宿泊者だけになります。

基本はオーナーの奥さんがいるのは、

1Fのフルーツパーラーが営業している時間のみです。

朝は10時くらいから、夜は19時くらいまでって感じです。(日によって違ったりする)

従いまして、宿泊中は裏口から出入りできるよう鍵が渡されます。

注意点はチェックイン、チェックアウトの時間。

私の時は、事前にBooking.comからメールを送り、

オーナーのLINEのIDを聞いておき、

当日はこまめに連絡を入れていました。

高雄から電車に乗る時とか、台南駅につきました!とか。

だから、広い道路までオーナーの旦那さんの方が迎えに来てくれてましたよ。

 

アクセス&周辺環境


台湾鉄道の台南駅から行く場合は、

台南駅に垂直にぶつかっている道をまっすぐ行き、路地を左に曲がってちょっと。

徒歩にして10分ちょっとと行ったところですが、

大きいスーツケースを引っ張っていくのは結構辛いです。

でも着いたばかりのテンションなら、むしろ歩いた方が地理つかめるっしょ。

f:id:kuramae-taiwan:20190110214015p:plain

 

周辺は赤崁樓は徒歩3分、それ以外も神農街や鴨母寮市場、永楽市場、BRUTUSの表紙

で有名な美食街である国華街もすべて徒歩圏内。アクセス良いです。

またT-Bikeのステーションが近いのもポイント高い!

さっとチャリにまたがってどこでもいけちゃいます!

f:id:kuramae-taiwan:20190110214959p:plain

 

 

1回目は2018年の9月。

そしてこの度、2019年6月に2回目の台南旅をしてきました。

宿はもちろんコチラです。

今回も良くしてもらいまして、

こちらのお店と宿のインスタグラムにも私たちを載せてくれました!