蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

初めての台南・高雄 @台湾旅行 6回目 2018.9 6日目 高雄の猫と銘邦港園牛肉麵さんで夜ご飯

この記事をシェアする

ホテルのチェックインを済ませ、
もう夕方ですが駁二芸術特区へ向かいました。

f:id:kuramae-taiwan:20190417210045j:plain

これと言った収穫もなく、
買ったのはこれだけ。

f:id:kuramae-taiwan:20190417205640j:plain

ドリンクホルダー。

これがこの後の12月に行った台湾旅で大活躍することに。

その記事の始まりはコチラ。

 建物の中ではなく、外でやっていたマーケットで買いました。

f:id:kuramae-taiwan:20190417210048j:plain

なんか20代の青年が売っていたのですが、
日本語がちょっと話せて、
「これ私のお母さんが作りました」って。
めちゃいい息子って感じの好青年でした。

f:id:kuramae-taiwan:20190417205702j:plain

シンプルで色もいい。
 
とすぐに夜になったので今日は帰りましょう。
バス停までちょっと歩くと、
突然の猫スポット現る。

f:id:kuramae-taiwan:20190417210921j:plain

有豆袋店というお店の前あたり。

f:id:kuramae-taiwan:20190417211508p:plain

 
いかにも人懐こそうなニャンコが現れました。
2匹も!

f:id:kuramae-taiwan:20190417211609j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190417211640j:plain人に慣れすぎ。

f:id:kuramae-taiwan:20190417211701j:plain

こちらのニャンコも慣れすぎ。

f:id:kuramae-taiwan:20190417211822j:plain

仲良いんだね〜。
もはや触りたい放題です。
 
一通りサワサワしてお別れします。
 
そしてバス停のある大通りに出ると、

銘邦港園牛肉麵さんという牛肉麺屋さんを発見。

混んでいます。

ちょうど外のテーブル席が空いているので、

食べて帰ることにしました。

 

その場でネットで調べてみると、

こちらは有名な港園牛肉麵館のお嫁さんが開いたお店で、

港園牛肉麵館の系列店と言っていいのかな。

f:id:kuramae-taiwan:20190417215239j:plain

 

牛肉麺のスープありとなしを1つずつ注文しました。

f:id:kuramae-taiwan:20190417213452j:plain

これね、台北で何回か牛肉麺食べたけど、

どれもスープにコクがなくてイマイチだったのですが、

ここのスープはめちゃコクがあるタイプ!

そして麺がもちもちで柔くなくてうまい!

 

この後、12月に台北で食べた牛肉麺もうまかったけど、

 

でも、この銘邦港園牛肉麵さんはうまかったな〜。

また食べたいって思いましたよ。

ほんとに。

 

 

銘邦港園牛肉麵

営業時間:10時30分~21時00分