蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

初めての台南・高雄 @台湾旅行 6回目 2018.9 5日目 宿のオーナーと市場&台南市街ぶらり!

この記事をシェアする

5日目朝になりましたが、

昨晩にLINEで、今宿泊している宿のオーナー夫妻とやりとりをしていたら、

「台南の伝統的市場を案内したい」と提案をいただきました。

本当に親切なオーナー夫妻。

ありがたくその提案に乗らせていただきました。

 

ということで8時に宿(お店)の前に集合ということになりました。

 

で8時。

店の前にはオーナーが1人、バイクで来てました。

近くに住んでるのかな?

流石に奥さんは小さいお子さんがいるので行かないですね。

また10時にはお店も開けなきゃですしね。

 

じゃあ行こう!ということでズンズン歩いていくオーナーに着いていく2人。

 

徒歩で5分かからない鴨母寮市場です。

f:id:kuramae-taiwan:20190331224206j:plain

実は一昨日の夜にこちらを通った時は、

市場の人か地元の人かな?中秋月の催しを内輪でやっていたみたいで、

市場内のど真ん中に

めちゃでかい豚の丸焼きがどーんと置かれてました〜。

まじででかい豚。

なんか怖くて逃げ帰ったわけですが、

そのときとは全然違う雰囲気で、活気のある朝市って感じです。

f:id:kuramae-taiwan:20190331232804j:plain

箱がかわいい。玉井名産といえばアレ。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190331224606j:plain

食品から、洋服からなんでも売ってますね。

f:id:kuramae-taiwan:20190331225323j:plain

そして、

f:id:kuramae-taiwan:20190331224757j:plain

これこれ!

顔が可愛いよね〜。ほんとに。

f:id:kuramae-taiwan:20190331224902j:plain

 

すると、

突然宿のオーナーがご飯屋さんにずんずん入っていきます。

f:id:kuramae-taiwan:20190331225218j:plain

朝ごはんですね〜。

お店混んでます。

と、メニューも頼んでくれたみたいで、

しかも、お代まで払ってくれちゃって。

申し訳ないな〜。でもありがとうとしか伝えられないのが悔しい。

もっと感謝を伝えたいのだが…。

 

戻ってきたら、「ここ座って、食べな」的なことを言って、

突然いなくなります。

自分は食べてきたということでしょうか。

f:id:kuramae-taiwan:20190331225604j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190331225610j:plain

何を頼んでくれたのかな〜?

f:id:kuramae-taiwan:20190331230209j:plain

こんなにいっぱい頼んでくれた!

上のスープは魚やつみれなど複数種類入ってるやつ。招牌綜合湯ですきっと。

招牌とは看板の意味で、

料理名に「招牌」の文字が入っていると「看板料理」ということらしい。

左のスープは魚のつみれが入ってるやつ。魚丸湯かな?

そして肉燥飯です!

すべてうまうま。

朝から贅沢ぅ〜。

f:id:kuramae-taiwan:20190331231329j:plain

がっつく私。

そして食べ終わった頃には宿のオーナーがアイスをペロペロ食べながら登場。

ごちそうさまでしたと感謝の意を十分に伝える前に、

さあ次行くぞ!と。

またズンズン歩いていく。

 

ちなみにめちゃ歩いたのですが、

8時に集合して、宿まで帰ってきたのが11時半くらい。

なんと3時間半も案内してくれました!

 

鴨母寮市場のあとは、

廟を何個も巡って、

f:id:kuramae-taiwan:20190331232532j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190331232547j:plain

「ここは俺の友達の家がやってる廟だ」とか、

「オランダによって統治されている時代に作られた廟だ」とか、

「恋愛の神様がいるぞ」とか。

翻訳アプリを駆使(できてない)して会話をしてくれました。

ありがたいな〜。

f:id:kuramae-taiwan:20190331232622j:plain

そして途中、

阿美飯店というお店の前に通りかかり、

「ここは美味しいぞ」と、

「でも高い」と、

f:id:kuramae-taiwan:20190331233144j:plain

何かを見せたかったのか、オープン前のお店にずんずん入っていた宿のオーナー。

後について私たちも入ると、お店の人からメニューを見せてもらって、

「これが名物だ」と指をさしたのが鴨の鍋。

f:id:kuramae-taiwan:20190331233436j:plain

こんな感じのやつみたいです。

鴨を3時間とか煮込んだ鍋で、

鴨肉が柔らかく、スープも鴨の出汁が効いてとても美味しいとのことです。

 

そしてお店の人に何か聞いています。

と、出てきたら、お店の横にある道に入っていきます。

すると、

f:id:kuramae-taiwan:20190331233738j:plain

どうやらコレを見せたかったようです。

お店の裏のオープンな場所(っていうか外)にずら〜っと並んだ七輪!

ここで数時間あの鴨の鍋を煮込むんですね〜。

これはすごい景色です。

日本じゃ無い景色ですね。

熱気に包まれてます!

また台南行ったら食べてみたいな。

 

★台南のおすすめ宿・鳳冰果舖(米宿)の予約はこちらから

 

で先ほども書きましたが11時半ごろ宿(お店)に戻ってきました。

めちゃくちゃ歩いたな〜。

林百貨付近まで小道をぬってぬって、

まさか宿の方とここまでコミュニケーションをとることができるとは、

考えてもみなかったです。

嬉しかったな〜。

でも、これ基準で考えちゃうと、

他の宿が素っ気なく感じちゃうから注意は必要ですね。

 

途中、ドリンクスタンドでお茶も奢ってもらっちゃったのですが、

外、暑かったから喉カラカラ。

とりあえず部屋に上がる前に1階のお店で休憩!

f:id:kuramae-taiwan:20190331234555j:plain

今回は〜、

f:id:kuramae-taiwan:20190331234305j:plain

アップルマンゴーのスムージー!

9月後半だからマンゴーは終わってます。

これは旬の時期のアップルマンゴーを冷凍して取っておいてるんですね〜。

しかしアップルマンゴーってほんと美味しいです。

なんというか、歩いてきた疲れが吹っ飛ぶ甘さ!

 

☆私たちが泊まった宿(兼フルーツショップ)はこちら