蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

初めての台南・高雄 小豪洲沙茶醬で沙茶鍋を食す! @台湾旅行 6回目 2018.9 4日目

この記事をシェアする

チャリでたまたま通りかかった莉莉水果店さん。

やたら混んでいたので、チラッと。

ちょっとお腹一杯なので写真だけ。

f:id:kuramae-taiwan:20190315231709j:plain

 

このフルーツ並んでいる光景いいですね〜。

日本ではなかなか見れないもの。

f:id:kuramae-taiwan:20190315231727j:plain

台南で一番有名なフルーツ屋さんですか?

めちゃくちゃ混んでたなー。

みなさんかき氷系食べてました。

と、見学していたら、

道を練り歩く列に。

f:id:kuramae-taiwan:20190315233658j:plain

今日は9月22日。

中秋節です。

たしかに、台南の至る所で、この前日前々日はパン屋さんが遅くまで

従業員さんたくさんで月餅作ってましたもん。

台湾では中秋節には普段離れて暮らす家族も一堂に会するらしいです。

あとは最近はバーベキューというか庭先で焼肉も

こういう時はやるらしいです。

 

私は、すっかりそう行った伝統的文化行事には参加しないのですが、

そういうものを大切にする人々も、それはそれでリスペクトしています。

私にはできないから。

 

夜はT-Bikeに乗って小豪洲沙茶醬中山店へいきました。

先に本店へ行ったのですが、

中秋節関連かな?営業していなくて、コチラへ。

f:id:kuramae-taiwan:20190316002128j:plain

入り口でパシャ。

f:id:kuramae-taiwan:20190316001824j:plain

店内めちゃ混み合っています〜。

でもすんなり席へ案内されました

席へ座って早速、メニュー表に記入。

f:id:kuramae-taiwan:20190316005231p:plain

牛肉鍋にハマグリとライスを注文します。

 

コチラは店名にも入っていますが、

あっさりだしのお鍋を沙茶醬で食べるタイプのお店です。

炒めはないのですが、

台北の松江自助火鍋城と同じ感じです。

 

自分でタレを取りに行って、

プラス、ネギやらニンニクやら唐辛子やらで自分で調合をします。

f:id:kuramae-taiwan:20190316002800j:plain

沙茶醬

コチラの沙茶醬はかなり有名みたいです。

この沙茶醬をお土産に買っていく人も多いみたい。

だって美味しいもんね〜。

f:id:kuramae-taiwan:20190316003241j:plain

パクチーも欲しかったな〜。

f:id:kuramae-taiwan:20190316002646j:plain

で鍋完成。

f:id:kuramae-taiwan:20190316003409j:plain

見た目、かなりあっさりだな〜。

沙茶醬はめちゃ美味いけど。

鍋は普通だったかな。

台南だからか、甘さが強め。

 

でもこんだけ混んでいるんだから、

台南の人々に愛されているんだろーな。

 

私は ↓ の松江自助火鍋城の方が好きだな〜。

食べ終わって、

ヨメが調べた台南猫スポットへ向かいます。

 

こちら賣飲料(My Beverages)さんです。

こちらは台南猫マップというものがネット上で見ることができまして、

そこに載っていたお店です。

猫マップによると黒とグレーの猫が2匹いるとのこと。

f:id:kuramae-taiwan:20190316004043j:plain

外から見る限り猫の存在は感じないですが、

中へ入ります。

中は地元の若者がカウンターで飲んでいる感じ。

私たちが台湾人じゃないとわかると、

お店の兄ちゃんがペラペラの英語で案内してくれました。

みんな英語喋れてすごいよね!

f:id:kuramae-taiwan:20190316005448j:plain

店内はこんな感じ。

落ち着いたインテリアです。

f:id:kuramae-taiwan:20190316005407j:plain

メニューを見ると、なんとコーヒーがない。

もしかして昼間はカフェだけど、

夜はBARってこと?

コーヒーないのでレモンスカッシュを注文。

f:id:kuramae-taiwan:20190316005705p:plain

これはこれで美味い!

 

しか一向に猫は訪れない。

意を決してお店のお兄ちゃんに猫はいないのか尋ねる!

すると、昼間のカフェでは猫がいるとの予想通りの回答。

残念〜。

とはいえお店の雰囲気も良かったし、

お店の兄ちゃんも、お客の若者たちもいいやつだったから良かった〜。

帰る際はみんなバイバーイ!っていってくれるし。

 

さてちょっとチャリで夜風に当たりながら、

まったりと宿に帰ります。