蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

中華料理の駒形軒で中華を食べる! 隣には惣菜の駒形軒と駒形軒製麺所が並ぶ駒形軒支配エリア!

この記事をシェアする

この記事の檜酵素風呂さんの近くに気になっていた中華屋さんがありました。

 それがコチラの駒形軒さん。

f:id:kuramae-taiwan:20190409010333j:plain

このなんとも言えない佇まいがひなび〜でして。

 

あとはこの中華屋の隣の隣にもこんな駒形軒さんがあるんです。

こちらは、最近何度もお世話になっています。

f:id:kuramae-taiwan:20190409010727j:plain

コチラは惣菜系。主にフライものを売っているお店。

f:id:kuramae-taiwan:20190409010911j:plain

ここの注文してから揚げてくれる揚げ物がうまいんです。

 

そして

この揚げ物の駒形軒さんの右隣には駒形軒製麺所なるものがあります。

f:id:kuramae-taiwan:20190409014612p:plain

こんな感じで3軒。

おそらく親戚とか兄弟とかそんな感じなのだとは思いますが。

 

で、話は戻って中華の駒形軒さんですが、

なんかメニューがめちゃ安いという噂!

早速中に入ってみます。

f:id:kuramae-taiwan:20190409011426j:plain

店内は細く奥に広いです。

 

地図を見る限り、

奥が駒形軒製麺所の奥と繋がっていそうです。

 

まだ時間が早いのでお客さんはゼロ。

店主は椅子に座って新聞を読んでました。

f:id:kuramae-taiwan:20190409011514j:plain

入り口入ってすぐの席に座る。

f:id:kuramae-taiwan:20190409011516j:plain

レトロな感じです。

このお店に自分から入ってるわけですが、

こういう感じのお店の場合、なるべく多くを見ないようにしてしまいます。

見えてしまったら怖いから。

お化けと一緒です。

 

さて噂のメニューです。

f:id:kuramae-taiwan:20190409011758j:plain

安っ。

500円以上のメニューの方が少ないくらいですよ。

まじか。

逆に怖い。

でもきっと麺は家族関係の製麺所のものだろうし。

食材も一緒に仕入れたり、

とにかく安く済むのかもしれませんね。

 

これだけ安いと注文数も多く頼みたくなっちゃうところですが、

とりあえず基本の、

ラーメン 350円

チャーハン 450円

ギョーザ 300円

にしました。

計1100円と安い。

 

しばし待ちます。

あれ?

なんか調理の音があまり聞こえないな〜。

と、10分くらい経ってチャーハンを炒める音が聞こえたと思うと。

一気に全てが出てきました。

f:id:kuramae-taiwan:20190409012350j:plain

餃子焼いてる感や麺の湯切りをしている感が全く無かったが、

実際はどうなのか!

チャーハンの鍋振ってる感はありました。

 

ではいただきまーす。

ラーメンは念の為に麺固めで注文。

結構、ご年配の方が作られているお店は麺が柔いこと多いので。

f:id:kuramae-taiwan:20190409012526j:plain

では早速スープから。

ぬるい…。

なんともぬるい…。

でも旨味はある。

麺はちょっと柔い。

麺固め注文でもちょっと柔い。

もしかしたら全てを一気に出してきたから、

ちょっと麺あげてから、出るまで時間かかっちゃったかな?

でもラーメン、普通にうまいすよ。

350円だし。ぜんぜんうまいす。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190409013320j:plain

チャーハンは甘め。

卵焼きみたいなものが乗っているのですが、これが甘い。

そしてパラパラではない。

普通かな〜。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190409013554j:plain

そして餃子。

ん?2度焼きかな?って食感。

そんなわけないですよね。

でもちょっともっさりしているというか、

ジューシーさがない。

味は美味しいのですが、ま300円だしね!

皮は親戚関連の製麺所で作ってるんだろ〜な。

まあ十分でしょ。

 

総じて、ちょっと量は少なめです。

嫁と2人で3品。腹八分ぐらいでした。

おやつと食事の間のようなイメージです。

 

とは言え、なにか別のメニューも食べてみたいな〜とは思いました。

上げ焼きそばとか。

味噌ラーメンと餃子は、暖簾にも書いてあるくらいだから

自慢の品なのでしょう。

f:id:kuramae-taiwan:20190409104219j:plain

次は味噌ラーメンかな。

 

昭和感が好きなヨメは佇まいが気に入っていました。

f:id:kuramae-taiwan:20190409222414j:plain

小林聡子、もたいまさこあたりがいそうな雰囲気。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190409222429j:plain

天井の扇風機も、めったに見られない貴重な場面!でした〜!

 

駒形軒

東京都墨田区東駒形2丁目9−9