蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

初めての台南・高雄 @台湾旅行 6回目 2018.9 7日目 目で見てみたかった果貿社區へ。そこは異空間でした。

この記事をシェアする

カフェで猫と戯れまくった後、

バスで向かったのがこちら。

f:id:kuramae-taiwan:20190420222013j:plain

果貿社區です。

近づけばなんとも迫力があります。

そして奇妙。

左右のビルが扇カーブしているのがわかります。

 

Google Mapで見てみると、

f:id:kuramae-taiwan:20190420222927p:plain

丸です。

f:id:kuramae-taiwan:20190420222928p:plain

この丸の中心に公園があってベンチやブランコなどでまったりできます。

もちろん見上げればほぼ丸。

f:id:kuramae-taiwan:20190420222513j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190420224230j:plain

ここは元々1970年代に海軍の軍人宿舎として建設された集合住宅地で、

1980年代から一般住民にも開放されているとのこと。

f:id:kuramae-taiwan:20190420224325j:plain

 

 

到着したのはお昼も終わりのころ。

観光客なんかいません。

いるのは住人たち。

ただ住人もそんなにはいない。

建物の古さも相まってなんとも生活感がにじみ出ている場所です。

f:id:kuramae-taiwan:20190420223323p:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190420224601j:plain

『果貿社區』では12階、15階、18階建てのマンションが13棟建ち並び、

8,000人近くの人々が暮らしているよう。

1回にはずら〜っと床屋やクリーニング店などのお店や小さい会社が入っています。

 

部屋数半端ないす。

f:id:kuramae-taiwan:20190420223423j:plain

腕が悪いのでいい写真がぜんぜん撮れない。

f:id:kuramae-taiwan:20190420223525j:plain

高雄の強い日差しが直接部屋の中に入らないようにするため

円形に建物を作ったようです。

 

 

外側から見るとこんな感じ。

f:id:kuramae-taiwan:20190420224509j:plain

朝には朝市で盛り上がってるみたいですが、

昼下がりは閑散としています。

 

なにせ静かなので、しばしまったりして。

お腹も空いているので、

ここらのお店で遅めのランチとしましょう。

 

だいたいお店終わっちゃってるのですが、

まだやってそうなのでこちら。

f:id:kuramae-taiwan:20190420224926j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190420225543j:plain

大偉自助餐館さんへ。

セルフで食べたいものを取ってお会計するお店です。

とは言えお昼も終わりなので残っているものは少なく、

こんな感じになりました。

f:id:kuramae-taiwan:20190420224931j:plain

でも味付けもいいし、

ご飯おかわりしちゃいましたよ!

おやっさんもいい人だったす。

 

アクセスは高雄駅からタクシーだと20分くらいですかね。

私は中央公園付近からバスで一本で行けました。

また、この後、ちょっとしんどかったけど蓮池潭まで歩いてもいけました。