蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

ヤマザキパンの最高級食パンはなんと1斤500円! 

この記事をシェアする

私が住む蔵前には、

ちょっと変わったスーパーがあります。

それはスーパーマーケット ヤマザキです。

f:id:kuramae-taiwan:20190621212948j:plain

変わったと表現するのはおかしいでしょうか。

デイリーヤマザキは昔から知っていましたが、

ヤマザキパンがスーパーをやっているというのは、

蔵前に住むまで知りませんでした。

f:id:kuramae-taiwan:20190621213046j:plain

 

しかもここのスーパーは24時間営業です。

このエリアで24時間営業必要なのか…?

攻めてます。

f:id:kuramae-taiwan:20190621213115j:plain

なんせ小さい会社が多く、住人は老人が多いから。

24時間営業が必要なのかどうかわかりません。

何か事情があるはずです。

きっと。

とはいえ、深夜に利用したことも数回はありますので、

ありがたい存在ではあるのですがね。

 

そして従業員はパートのおばちゃん以外はおじさんばかり。

おじさんが夜勤しています。

ちょっと辛そう。

でも攻めてます。

 

 

他にも特徴あります。

安くない。

パン売り場はもちろんヤマザキパンのパンのみ置いてある。

f:id:kuramae-taiwan:20190621212850j:plain

でもまったく安くない。

たまに特売で菓子パン79円とか、

やすいところだと50円とか見ますが、

スーパーマーケット ヤマザキのパンはズバリ定価販売。

攻めてます。

ある意味、ヤマザキブランドを安売りしない攻めの姿勢。

 

その他、お肉も安くないし、野菜も安くないです。

でも、物は悪くないと思います。

なにせ1番近いスーパーですので、

結局、1番利用しているかもしれません。

週に2回は訪れますし。

ありがとう。

 

と、スーパーマーケット ヤマザキの紹介をさらっとしましたが、

メインはここから。

金曜日の19時くらいにフラっと訪れると、

気になるものを発見したのです。

f:id:kuramae-taiwan:20190621213904j:plain

入り口を入ってすぐの、1番目立つところにこんなものが。

値段をみてびっくり。

1斤500円の食パンです。

その名もゴールドソフト。

f:id:kuramae-taiwan:20190621223254j:plain

しかも毎週金曜限定ですって。

私は初めて見ました。

ヤマザキパンも攻めてたんです。

最高級食パン。

これ、ペリカンのパンより高い。

あの高級食パンと言えばの乃が美より高い(食べたことないけど)。

まさに最高級食パン。

攻めてるな〜。

 

そして最高級食パンなのにパッケージが攻めてないところが、

逆に攻めてます。

f:id:kuramae-taiwan:20190621214521j:plain

パッケージは普通の食パンとほぼ同じ。

ロゴも古めかしい感じです。

f:id:kuramae-taiwan:20190621221617j:plain

 

これ帰ってちょっとネットで見てみたら、

実は1991年ごろから販売しているロングセラー商品なんだって!

最近の高級食パンブームの乗って発売したのかと、

ちょっとネタ的に買ったのですが、

申し訳ございません!

私が悪かったです。

 

でも隣の食パンなんか99円ですよ〜。

ギャップがすごかった。

f:id:kuramae-taiwan:20190621223142j:plain

 

何か材料にこだわってるんかなと、

原材料を見ると、

f:id:kuramae-taiwan:20190621215102j:plain

 

ヤマザキ製パンの代表的食パンのロイヤルブレッドの原材料は、

小麦粉、糖類、マーガリン、バター、パン酵母、食塩、発酵種、

脱脂粉乳、植物油脂、乳化剤、イーストフード、V.C

 

ですので、

マーガリンが使われてなくバター。

そして卵と生クリームが入ってる点が大きな違いですかね。

きっと小麦とかもこだわっているんだろうけど、

謳いすぎるのも面倒くさいな〜と高級食パンを見て思っていましたが、

謳わなすぎるのもどうかと思うな〜。

やっぱりある程度のハクは必要かと。

 

やはり小麦粉や卵などの原料を厳選し、

生クリームやバターは自社従来品の約2倍のようです!

 

では食べてみましょうか。

f:id:kuramae-taiwan:20190621221333j:plain

見た目普通。

f:id:kuramae-taiwan:20190621221455j:plain

パッケージの外側から見ると、

生地が黄色味がかっています。

これは卵の色でしょうか。

キメも細かそうです。

f:id:kuramae-taiwan:20190621221848j:plain

触ると耳が柔らかい。

これは流行りの高級食パンに通ずる感じです。

つまり生食に向いているってこと。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190621222055j:plain

生地はやはりキメが細かく、ふんわり。

f:id:kuramae-taiwan:20190621222147j:plain

ちぎってみれば、やはり柔らかくてぎっしりって感じでもなく、

スポンジケーキ的な感じか。

味は、パン臭くなく、やはり生クリームが効いてるのか、

クセのないナチュラルな感じです。

生食に向いている食パンですね。

これはこれで500円もしますから、素材は確か。

美味しいです。

私、スーパーなどで売られる食パンを食べるとゲップが止まらなくなるのですが、

これはそれがなかったです。

 

では次は焼いて食べてみましょうか。

 

f:id:kuramae-taiwan:20190622110302j:plain

いつもの網焼きね。

なんかパンのクズが出るというかポロポロするので丁寧に扱う必要あり。

焼きあがりました。

f:id:kuramae-taiwan:20190622110539j:plain

焼きあがりは、ちょっと水分が少なそうな感じ。

そして耳はカリッとクッキーやクロワッサンなど焼き菓子的になると

ヤマザキ製パンのホームページにありましたが、

この焼き方が悪いのでしょうカリッとしてません。

f:id:kuramae-taiwan:20190622110615j:plain

手触り、歯ざわりはやはり昨今の高級食パン的。

生クリームが入るとこうなるんかね。

f:id:kuramae-taiwan:20190622111109j:plain

食感が軽いな〜。そしてジューシーさが足りない。

バター塗っても、吸い込んじゃってイマイチ馴染まないし。

やはり生食が向いていそう。

サンドイッチとかはいいんじゃないのかな?

トーストにすると、なにか飲み物がないと入っていかないもったり感出ちゃったな。

でもね、やっぱり味はいいんです。

パン臭さが全くなくて。

ナチャラルなお味。

 

結局は好みの話しになっちゃうけども。

好きな人は好きなのかな。

私には合いませんでした。

 

余談ですが、

ヤマザキ製パンのホームページを見ると、

このパンは通常、3斤を1本で販売されていて、

なにやらケーキを入れるような箱に入れられて売られているらしいです。

そう売られていたらもっと美味しく感じたのかななんて…。

普通の食パンみたいな袋に入って売っていたら、

逆に500円という値段が、パンそのものの味、食感だけに焦点があたり、

味、食感だけのハードルを上げちゃって不利だと思う。

巷の高級食パンは綺麗な紙袋に入れたり、高級感出して、

ちょっと味をごまかせてる感あるので、

 

やっぱり見た目も大事です。

 

※パン関連記事です。