蔵前に住み台湾に行く

蔵前在住夫婦による台湾旅行記、蔵前情報メインのブログです。一匹の相棒猫の日常も。

台湾旅行 6回目 2018.9 初めての台南・高雄 2日目 朝食は食べたかったサバヒー粥を『悦津咸粥』で

2日目 9月20日(木)

 

おはようございます!

朝7時すぎです。

旅中は、夜遅く寝ても、朝早く目が覚める貧乏性な性格です。

目が覚めた瞬間、旅してる自分を認識し、一瞬で心が満ち足りる。

そんな自分を更に幸せに導いてくれる、清潔で広いベッド。可愛い室内。散らかし放題でも問題ない広ーい空間。エアコン完備。カーテンを開ければ差し込む程よい光。

この宿、サイコーか!

 

起きてしまったら朝ごはんに繰り出すしかない♪

台南旅本でチェックしていたサバヒー粥とやらを台南滞在中に一度は食べたくて

魚が苦手なオットを巻き込み、近くのお店に向かうことにします。

 サバヒー(別名ミルクフィッシュ)は虱目魚と書くんですって。

アジアではメジャーなお魚みたい!

とにかく、サバヒーって響きが心地よいな。ヒーって何。

 

ではではそのサバヒー粥を食べに、行きましょう!!

 

泊まっているところは2階なので、階段で1階に下ります。

下りると裏口に通じるドアと1階のお店に通じるドアがありますが、

早すぎるので、店内は真っ暗で入れなかった。。

朝のあいさつをしたかったのですが、またのタイミングにします。

 

朝8時、お宿『米宿』から5分ぐらいでサバヒー粥が食べられる『悦津咸粥』に到着。

朝からやってるのは台北も台南も同じなんだね~。

でもここは、朝どころか24時間営業!ちょっとめずらしい?

台湾の台所事情、ほんとにありがたい。

f:id:kuramae-taiwan:20190103011918j:plain

あーもう、字面にキュンキュン。

f:id:kuramae-taiwan:20190103001137j:plain

おーこれがサバヒー粥! 油條も乗ってる!

f:id:kuramae-taiwan:20190103011922j:plain

サバヒー粥(80元)

f:id:kuramae-taiwan:20190103011911j:plain

チャーハン (35元)

 

サバヒー粥とてもとても好み!

文字からくるイメージのクセがなくて、魚も先に焼いてあるのかとても香ばしい。

お粥も朝にちょうどいい〜〜!!ありがたい!

オットはチャーハンをオーダー。これも美味しかった。

 

☆お店情報☆

悦津咸粥
台湾台南市中西區西門路二段332號

 

ちなみに、猫がいるお店という情報をゲットしていたのだけど猫おらず。

店員さんに、猫(中国語わからないので、「猫」を中国語で携帯で見せました)と伝えたら、この子を紹介してくれた。この子じゃないけど、この子も可愛い!

f:id:kuramae-taiwan:20190103011926j:plain

いつも旅先では野良猫、地域猫アンテナ全開なのだけど、この後、猫さまに会うのは台南では一匹で、猫旅として成立できなかったことにがっかりすることになります。

 

 

朝食後に西門市場へ行ったのですがやっていなかったです。

いつも、目的地まで近い時は、到着してからドリンクを調達することが多いのですが、何かしら喉を潤すものをここ市場でも期待していたので、暑さでとにかく喉カピカピ。

 

すると、ちょうどオープンしたばかりのドリンクスタンドを発見!

フルーツティーを買えました。(60元)

f:id:kuramae-taiwan:20190103002447j:plain

大好きなフルーツティは甘さ0でオーダー!

ごくごくごくごく

飲みました!

ごくごくごくごく。

あー美味。

 

 

さぁ、ランチからは、毎回登場する私の元生徒の台湾人女子と約束しているので

一旦、米宿(今回泊まっているお宿)に戻って休憩しておきます!

 

f:id:kuramae-taiwan:20190103003433j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190103003437j:plain

f:id:kuramae-taiwan:20190103003617j:plain

道中の街の風景。台湾はどこを歩いても好みでいっぱい。
全てを持って帰りたくなる気持ちにさせるノスタルジーさがある。